必須脂肪酸はビタミンやミネラル
と同様に、身体にとって重要な栄
養素ですが、魚に含まれる脂質は
<more>
 
DHA800 Plusすべての年齢層に適した
  • 胎児の脳の発達について
  • 推進の脳と子供たちのビジュアル開発
  • 若い人たちは学習の中で、メモリ
  • 逃がし緊張と大人のストレス
  • 高齢者は、メモリや老化を維持するために
  • 心血管と関節の健康を維持する
妊娠中の女性、胎児や乳児:妊婦が魚を食べたり、DHA含有食品やシールオイル等によって DHAを摂取すると妊婦の血液中に増えたDHAが、胎盤を通過して胎児の脳に到達し、脳の発達を高めることに役立ちます。出産後も母乳中にDHAが分泌され、赤ちゃんの脳の発達を助けます。DHAを含まない粉ミルクを飲んだ未熟児と、DHAを含む母乳を飲んだ未熟児とではDHAを含む母乳を飲んで成長した子供(8歳)のIQ(知能指数)が高いと報告されています。母親が出産3カ月ほど前から魚を意識的にとると、乳児は出産時からDHAを高く保つことができ、脳神経機能の発達に有利であるとことがわかっています

乳幼児:DHAが必要なのは胎児の場合だけではありません。生まれてきた赤ちゃんにとってもDHAが必要なのです。将来、頭のいい子供に育てるためにも、乳幼児のときにぜひともDHAを多くとらせてあげたいものです。肝臓や腎臓などであれば、その細胞は再生されますが、脳細胞はそうはいきません。ここで勘違いをしないでほしいのですが、一定数の脳細胞は、数は増えませんが、充実し、成長をするということなのです。。ですから、知識を速いスピードで吸収していく乳幼児にとっても必要不可欠な栄養素といっていいでしょう。

青少年:DHA がニューロンと脳の神経機能を保護し、認知力、記憶力、心的状態をサポートします。脳の働きの健康を促進します。しかし、DHAには脳の神経細胞を活性化 して記憶力や集中力を高める働きがあり、逆に不足すると学習能力を司る脳や神経が望ましくない状態に陥ります。同時に、DHAには網膜から脳への情報伝達 を高める作用がありますので、充分に補給してあげましょう。

高齢者:もちろん、老人のも必要です。特に、ボケてきたかなと思われる老人にとっても、DHAは欠かせない栄養素なのです。というのも、最近の研究によって、高齢化社会で問題になっている老人性痴呆症の予防にも効果がありそうだと分かってきたからです。DHAは、頭をよくするというだけではないわけです。

DHA800 Plusすべての年齢層に適した

l 胎児の脳の発達について

l 推進の脳と子供たちのビジュアル開発

l 若い人たちは学習の中で、メモリ

l 逃がし緊張と大人のストレス

l 高齢者は、メモリや老化を維持するために

l 心血管と関節の健康を維持する

妊娠中の女性、胎児や乳児:妊婦が魚を食べたり、DHA含有食品やシールオイル等によって DHAを摂取すると妊婦の血液中に増えたDHAが、胎盤を通過して胎児の脳に到達し、脳の発達を高めることに役立ちます。出産後も母乳中にDHAが分泌され、赤ちゃんの脳の発達を助けます。DHAを含まない粉ミルクを飲んだ未熟児と、DHAを含む母乳を飲んだ未熟児とではDHAを含む母乳を飲んで成長した子供(8歳)のIQ(知能指数)が高いと報告されています。母親が出産3カ月ほど前から魚を意識的にとると、乳児は出産時からDHAを高く保つことができ、脳神経機能の発達に有利であるとことがわかっています

乳幼児:DHAが必要なのは胎児の場合だけではありません。生まれてきた赤ちゃんにとってもDHAが必要なのです。将来、頭のいい子供に育てるためにも、乳幼児のときにぜひともDHAを多くとらせてあげたいものです。肝臓や腎臓などであれば、その細胞は再生されますが、脳細胞はそうはいきません。ここで勘違いをしないでほしいのですが、一定数の脳細胞は、数は増えませんが、充実し、成長をするということなのです。。ですから、知識を速いスピードで吸収していく乳幼児にとっても必要不可欠な栄養素といっていいでしょう。

青少年:DHA がニューロンと脳の神経機能を保護し、認知力、記憶力、心的状態をサポートします。脳の働きの健康を促進します。しかし、DHAには脳の神経細胞を活性化 して記憶力や集中力を高める働きがあり、逆に不足すると学習能力を司る脳や神経が望ましくない状態に陥ります。同時に、DHAには網膜から脳への情報伝達 を高める作用がありますので、充分に補給してあげましょう。

高齢者:もちろん、老人のも必要です。特に、ボケてきたかなと思われる老人にとっても、DHAは欠かせない栄養素なのです。というのも、最近の研究によって、高齢化社会で問題になっている老人性痴呆症の予防にも効果がありそうだと分かってきたからです。DHAは、頭をよくするというだけではないわけです。
Copyright 2011  免責 著作權