必須脂肪酸はビタミンやミネラル
と同様に、身体にとって重要な栄
養素ですが、魚に含まれる脂質は
<more>
 
子供の脳の発達を促進させます
人間の脳神経細胞にはDHAが原料となっているものが多いため、成長期に摂取することをおススメします。外国の研究者の中で、欧米諸国と比べて日本人の子供の知能指数が高いのは、DHAを多く含んだ魚をよく食べるからとも言われていました。当然目の発達にもなくてはならない栄養です。

DHAの効果とは
のオイルに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳や神経組織に必要な栄養素で、記憶力の向上や脳の老化防止などに働きかけるといわれています。また EPA(エイコサペンタエン酸)と共に循環器の健康を促し、血液循環を改善する働きやコレステロール値を調整する働き、健康なお肌作りをサポートするなど様々な機能に働きかけてくれます。特にDHAは、脳と網膜の主要な構成要素であるオメガ3系脂肪酸です。人間の脳は50%が脂肪です。DHAは脳の栄養素にもなり、記憶力や精神面でも健康に寄与します。

DHAとEPAの相互作用から
必須脂肪酸はビタミンやミネラルと同様に、身体にとって重要な栄養素ですが、魚に含まれる脂質は必須脂肪酸の最良の摂取源の一つと考えられています。必須脂肪酸はそれ自身エネルギー源として作用する他、心血管や細胞壁、細胞膜、脳や神経、目の機能維持やホルモン産生などとも深く関わりがあります。しかし現代人の多くは、飽和脂肪や硬化油が多く含まれている一方で必須脂肪酸には乏しい食生活を送っていると言われています。EPAには血小板の凝集や、血管壁の収縮と関わるトロンボキサンや、アレルギー反応を抑制するタイプのロイコトリエンの前駆物質であり、EPAの摂取が心血管系の健康維持をサポートする上で有用であることは、様々な研究により明らかにされています。

Copyright 2011  免責 著作權